馬プラセンタ サプリ

馬プラセンタサプリ比較ラボ

馬プラセンタとは

プラセンタとは、胎盤から抽出される細胞分裂を促進する成分のことです。

 

たった一つの細胞であった卵子と精子が受精して、そこから沢山の細胞分裂をして赤ちゃんの身体を作り出していくのですが、その細胞分裂の勢いは、凄まじいものがあります。

 

たった一つの細胞から、何千、何億という細胞を作り出していくのですが、それを促進するのが、プラセンタです。

 

この細胞から細胞を新たに作り出す作用に着目されて、近年では、美容によく効く成分として有名です。

 

また、その力強い生命力の源であることから、細胞をリフレッシュさせ、新しい細胞をどんどん作り出すことから若返りエキスとしても有名です。

 

身体の機能を常に更新して新しい細胞で若さを保つことが可能になるのです。

 

現在プラセンタを手軽に摂取しようとサプリなどが多く出回っていますが、このサプリにも「馬プラセンタ」と「豚プラセンタ」があります。

 

この2つのプラセンタにはどのような違いがあるのか、比較してみましょう。

 

まず、プラセンタは、胎児が成長する時に、必要とする成分ですが、馬の出産頻度は、一年一頭と少ない為、胎盤に含まれる栄養素が凝縮されています。

 

豚の出産頻度は、年に二回で、一度の妊娠で数等の子豚を産みます。

 

その為、沢山の胎児に栄養を補給するので、一頭辺りの胎盤に含まれる栄養素は、馬よりも少なくなります。

 

このため、成分の凝縮率でいくと圧倒的に馬プラセンタのほうが高いのです。

 

さらにサラブレットの馬から抽出されたものになると、その品質管理はとても厳しく、栄養管理もきちんとされているため、より良質なプラセンタが抽出されています。

 

さらに、その成分が身体に吸収されやすいかという点も重要なポイントです。

 

せっかく良質なプラセンタを摂取しても、体内に吸収されなければ意味がありません。

 

サプリメントであれば、毎日簡単に摂取することが簡単です。最近では、成分がナノ処理化されているものもあるので、より効率的に体内に吸収することが可能です。

 

馬プラセンタと豚プラセンタの違いとは

若返り、老化防止の秘薬として人気なのがプラセンタのサプリです。

 

プラセンタとは英語で胎盤を意味する言葉です。

 

胎盤の役割は子宮の中で卵子に栄養を送り、細胞分裂を促進させ生まれてくる赤ちゃんになるまでしっかり育てる事です。

 

赤ちゃんは卵子だけの力では育ちません。

 

胎盤の中にある成長因子があってこそ、胎児の体の要素は構成されていくのです。

 

それだけの成長を促すその力に注目・研究の結果、肌の活性化や若返り、その他ホルモンバランスや自律神経の調整等、様々な症状に効果がある事が分かり、化粧品や健康食品に多く使われるようになってきました。

 

多く言われる美肌効果、体調の改善だけでなく、不眠やストレス、そういった精神的なものにも効果があると話題です。

 

化粧品や健康食品に使われている『プラセンタ』は胎盤そのものではなく、胎盤から抽出された成長因子(グロースファクタ)やその他栄養素の抽出物です。

 

元々は豚由来や植物由来の物が多かったプラセンタですが、今一番注目されているのは馬プラセンタです。

 

馬由来のものは豚由来のものより、タンパク質やアミノ酸の濃度が高いからです。

 

その含有量は200倍以上とされています。

 

しかもそのアミノ酸には、人が体内で作る事が不可能な必須アミノ酸が含まれています。

 

豚プラセンタより馬プラセンタの方が優れている理由として言われるのはその胎盤の厚さです。

 

豚は1年に2回、1度に数頭の出産を行いますが、それ対して馬は年に1回1頭しか出産しません。

 

ですから馬の方がよりしっかり厚い胎盤となり、アミノ酸含有量も多くなるのです。

 

安全性も飼育の際に薬剤に触れる機会がおおい豚よりも、サラブレッドとして育てられる馬の方がより安全性が高いとされています。

 

ですが、豚は飼育数が圧倒的に多く、手に入りやすく、その為販売価格も抑えられるメリットがあります。

 

馬は飼育数も、プラセンタ抽出量も豚に比べ圧倒的に少ない為、どうしても希少価値が上がり、価格は高めになります。

 

それでも馬プラセンタにはそれだけの価値があると、今大きく注目されているのです。
マイナチュレ最安値


ホーム RSS購読 サイトマップ